烈車戦隊トッキュウジャー


西暦2014年。地底から現れた悪の帝国シャドーラインが世界を暗黒に包もうと猛威を振るい始めた。シャドーラインは拠点となる「ステーション」を増やすため、様々な場所で悪事を働き、闇の路線を増やそうとする。
ある日、大勢の子供がシャドーラインの巨大車両クライナーに拉致された。ところがその子供たちの中に一人の青年・ライトが混じっていた。そこへシャドーラインの対となる線路・レインボーラインを通る巨大車両烈車が現われ、クライナーと激突。クライナーと烈車が停車すると、烈車・レッドレッシャーからトッキュウジャーと名乗る4人の戦士が降りてきた。シャドーラインの怪人と戦うトッキュウジャーだが、乱入したライトが無謀にもシャドー怪人に立ち向かい、返り討ちに遭う。
ライトが目覚めるとそこにいたのはそれぞれトカッチ、ミオ、ヒカリ、カグラと名乗る4人の若者。彼らこそトッキュウジャーの正体であり、ライトの幼馴染だった。しかし、ライトを含めた5人は幼馴染であったこと以外の記憶を失っていた。そして5人はレッドレッシャーの車掌の口から、高い想像力・イマジネーションを持つ者として認められ、シャドーラインを迎え撃つ戦士・トッキュウジャーに選ばれたことを知る。

(※Wikipediaから引用)

  

各話リスト(全47話)

1話「特急烈車で行こう」

2話「俺たちはここにいる」

3話「思いこんだら命がけ」

4話「忘れ物にご注意を」

5話「消えた線路の向こうがわ」

6話「探し物はなんですか」

7話「やるせなく、やる気なく」

8話「レインボーライン大爆破」

9話「思いは片道切符」

10話「「トカッチ、夕焼けに死す」」

11話「闇の皇帝」

12話「虹の定期券」

13話「走れ消火器」

14話「迷刑事、名探偵」

15話「心の中にあるもの」

16話「危険な臨時烈車」

17話「雨上がりの空に」

18話「君の名を呼べば」

19話「出発!ビルドダイオー」

20話「笑顔は危険」

21話「花嫁は逃走中」

22話「女帝の誕生」

23話「手と手をつないで」

24話「分岐点を越えて」

25話「おとぎ話が飛び出して」

26話「銭湯で戦闘開始」

27話「新たな力を」

28話「カッコ悪いがカッコ良い」

29話「対向車との合流点」

30話「誕生日のお祝いは」

31話「ハイパーレッシャターミナル」

32話「決意」

33話「カラテ大一番」

34話「恋は大騒ぎ」

35話「奪われたターミナル」

36話「夢は100点」

37話「理不尽クイズ」

38話「映画つくろう」

39話「終わりの始まり」

40話「誰があいつで あいつが誰で」

41話「クリスマス大決戦」

42話「君に届く言葉」

43話「開かない扉」

44話「昴ヶ浜へ」

45話「君が去ったホーム」

46話「最後の行き先」

47話「輝いているもの」

タイトルとURLをコピーしました